志木本文へスキップ

新座市のプライマリーケア・クリニック。志木南口クリニックです。

電話お問い合わせはTEL.048-485-6788

〒352-0001 新座市東北2-30-15

知っとくDISEASE

ちょっと知っておくとオトクな病気・体調のことについて

咳喘息

【注意】放置するととんでもないことに・・・
 カゼをひいた後、熱、鼻水、のどの痛み、頭痛などは治まったのに、乾いた咳だけがずっと残っている・・・そんなことはありませんか?

 また、昼間はさほどでもないのに、夜、床についてからひどく咳き込みんだり。しかし、体調は決して悪くないので、なかなかクリニックに足が向きません。

 そう思ってさらに様子を見るのですが・・・

 昼間も電話中に咳が止まらない、香水のにおいでむせてしまう・・・そしてなによりもちっともよくなる気配がありません。

 家族や回りの人も心配し
 「結核ではないか?」
 「肺炎ではないか?」と医者に行けといいますし、本人もたまらなくなって近くのクリニックでレントゲンを撮ったけれど、なんともないといわれて咳止めを処方される。それでも、全く効果なし。

 そんな症状は、もしかしたら「咳喘息」かもしれません。
 カゼで弱った気道粘膜にアレルギーを起こす空気中の微粒子が悪さをして気道の炎症を継続させます。
 結果、喘息と同じように乾いた咳を誘い出します。気管支喘息と同じなのかといわれますと、正確には違いますが治療法はよく似ています。また、その効果も劇的に現れることが多いのです。
 命に関わる重大な病気ではないのですが、なかなかやっかいな病態で、不眠や仕事中の咳などで生活の質を著しく妨げます。
 
 それでは「咳喘息」かチェックしてみましょう。

  はい 
 3週間以上咳が続いていますか?  ◎
熱もなく痰もほとんど出ませんか?  ◎
 夜間、明け方に咳が多く出ますか?  ○
 会話・電話などで咳が出ますか?  ○
 咳が一度出ると止まりにくいですか?  ○
 アレルギーの病気を持ってますか?  △
二重丸◎の項目が二つとも「はい」丸○項目が加われば咳喘息の疑いがあります。△があればさらにあやしいでしょう。ただ、逆流性食道炎の方もあてはまるケースがあります。クリニックで診察を受けてください。
治療法は気管支喘息でも処方する「ステロイド含有吸入薬」および気管支拡張薬が特効します。抗アレルギー剤を服用するケースもありますが、咳止めはほぼ無効です。効果があり咳が楽になっても必ず決められた日数を吸入しましょう。一度治ったかに見えても再発しやすいので。
 この咳喘息を治療しないで放置すると、慢性の気管支喘息に3割ほど移行すると言われています。

 3週間以上続く咳はクリニック受診を強くお勧めします。

志木南口クリニック Shiki-Minamiguchi Clinic志木南口クリニック

〒352-0001
新座市東北2-30-15川島屋ビル2F
TEL 048-485-6788
FAX 048-485-6787


受付時間
  診療・予防接種 
 平日 8:30〜12:30 
 14:00〜18:30
(予防接種18時まで)
 土・休日  9:00〜16:30
(予防接種16時まで)
*予防接種の受付は9時からです。
*令和2/4/5からは変更があります。特設ページをご覧ください。
お問い合わせメール
予防接種
健康診断